暑さとお灸

DSC_2857

年々夏の暑さが厳しくなって、今年の夏本番はどうなるのか

うちでつくっている家庭菜園、暑さにも負けず頑張ってます インゲンマメのつるで少し日影ができているためトマトがちょうどいい温度になっているみたいです キュウリの苗は見事に枯れてしまいました 去年もダメだったけど今年もキュウリはダメでした

暑い時期にお灸 体が温まっているのにお灸は嫌だなと考える人が多いですが、今は1日中冷房をかけてないと命の危険がと言われています 昔と違い夏、いがいに冷やしていることが多いです 昔は寝ている時に冷房をつけて寝るなんてそうそうなかったですが、今は扇風機で窓を開けて寝るなんて考えられません

寝ている時の室内温度は23度から25度ぐらいが適温 日中でも冷房で同じぐらいの快適な室内にいて、暑いから運動もあまりできずにいると血液の流れが悪くなり筋肉がかたく凝ってしまいます 夏に足がつってしまったり、寝違いや首肩コリのかた多くいます 夏こそ温めましょう

どこを? おへその下を

おへその下はカラダ全体を温めるツボがあります おへその下、指三本分ぐらいの場所をずっと温めるのではなく2,3分ぐらい軽く温めてみてください 気持ちよくなり眠くなってきます 夏なのでずっとではなく2,3分ぐらいを1日に何回か好みで温めてください カラダのだるさもとれてきます

夏の名物である ほうろく灸は、昔からあるものです 頭の百会というツボに焼き物の皿を使い、大きなもぐさをのせて燃やします 熱中症予防にいいらしく 実際体験した鍼灸仲間からはとてもすっきりして帰り道さわやかだったと言っていました

効果のあるツボとは

カラダに多くあるツボの中で、今の症状に使えるツボと使えないツボがある。

有名な足三里というツボ、足が疲れたときに使いたいが触ってみても押さえてみても何の反応も示さない。鍼灸師の反応のいい指先に何も感じないツボは使ってもほとんど効き目がない。自分の感覚レベルがまだ足りないのかもしれないが、そんな時には、わかりやすく反応がでている近くのツボを探す。

くぼみがある。そのくぼみの中に小さなでっぱりが。このでっぱりの中心に鍼がうまく入れば。ということを考えながら一本一本大切に鍼を使っています。

実際、この場所を見つけ患者様に治療するとき、「つらいのちょうどそこ」と言われる方もいます。